私は今月に入ってダイエットをがんばっています。

私は今月、食欲の秋と言いますがダイエットをがんばっています。
最近取り組んでいることは、
・子供の送り迎えを自転車でなくて歩きで頑張って園まで行くという事
・朝ご飯は納豆を食べること
・酵素を取り入れていること
という事を行っています。

http://www.greenmountainplonkers.org/

これらはダイエットとは直に関係ないと思うのですが、私にとってはとても良い第一歩だと思っていて、私はずっとファーストフードを好んで食べていた人なのでそれを脱出したのです。すごくないですか?私は結構ミーハーでこれがいいなと思ったらそれを食べてしまうという感じの人間だったので、そのせいで決まりが緩くなってしまってなかなかダイエットが長続きしないんですよね。だったら自分がやりやすい方法を取り入れようと思ってそうし始めました。

最近は子供とのお出かけもストレスなく行えているのでダイエット効果は出てきているのかななんて思っています。
特に外に出て歩くという事が私にとってものすごく良いダイエット方法だと思っています。

そして持って行くものは大ええとに良いとされているお茶なんです。これはとと前茶と言ってからだのなかを綺麗にしてくれるお茶なのですが口コミで知ってから飲んでいます。これからも続けていこうと思います。

ダイエットには筋力トレーニング大事!

なかなかダイエットを行っていても体重を落とすことができなかったり、理想の体型を維持するということが難しいと言う方も多いと思います。http://www.mensajesdereflexion.org/

果たしてなぜダイエットを成功させることができないのでしょうか?様々な考え方があると思いますが、やはりダイエットのやり方が悪いからダイエットに対する意識が低いと言うことが考えられます。

ダイエットをするためにはまず食事や飲料などから摂取する摂取カロリーを余計に摂取しないということ、また運動などで消費することができる消費カロリーを増やすことが大事であると言えるでしょう。その消費カロリーを増やすには筋肉量が必要であり、その筋肉量を増やすことができる方法こそが筋力トレーニングなのです。

有酸素運動ももちろん良い方法ではありますが先に筋力トレーニングを行っておくことによって、消費カロリーや基礎代謝を上げることができます。ですから筋力トレーニングはとても大事であると言えるでしょう。

また人間の身体で1番筋肉を占めるのは太ももの筋肉であり、太ももの筋肉を鍛えてあげるとダイエットに効率的であるといえますので、スクワットやランジ、レックレイズやレッグプレスなどと言ったトレーニングを積極的に行ってみてください。

ダイエット中のモチベ維持法

ダイエットって、一番大変なのはモチベを維持することだと思います。

わたしは学生時代、生活リズムや食生活が乱れ、過去最高体重を更新してしまったために、ダイエットを決意しました。ですが、誘惑に負けて結局暴飲暴食に走ることもしばしば…。そこで、自分のモチベを維持するために心がけ始めたことが〇つありました。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素の効果を徹底検証!購入して3ヶ月飲んだ私の口コミ!

1.理想の体型の人を見つける

わたしは痩せたいとは思っていましたが、いまいち痩せたあとの自分が具体的にイメージできないことがモチベダウンにつながっていると考えました。そこで、SNSや雑誌などで「この人の体型に憧れるな」というモデルとなる人を設定し、何度も見返すようにしました。すると、自分の痩せた後の姿が具体的にイメージできるようになり、やる気も湧きましたし、どこの肉を絞って、どこの肉はほどよく残したいか、などもイメージでき、より効率的にダイエットを進めることができました。

2.体重計に乗りすぎない

以前は毎日体重計に乗っては、落ち込んだり油断したりを繰り返していました。でも、正直一キロくらい一日の中でも変動するものだし、そんな数字にとらわれすぎていると、かえってやる気がなくなってしまうことに気づきました。そこで、体重計に乗るのは二週間に一回程度にしていました。

3.色んなやり方を組み合わせる

わたしが行ったダイエットは、一食分の量を減らして回数を分ける、ジョギングや筋トレをする、しっかり睡眠をとる、お菓子を辞める、など一種類のことではなく様々な方法を組み合わせて行っていました。そうすることで、「今日はジョギングは頑張れなかったけど、筋トレは少しできた。えらい!」というふうに、自分の気持ちを盛り上げることができ、継続できるようになりました。

以上のことにより、約半年間のダイエットを続け、今は理想の体型にほぼなれました!ストレスをためずにモチベを維持できる自分なりの方法が発見できるとよいですね!

成功体験です

キッカケは中学時代の友達の結婚式でした。http://www.elbooki.com/

二次会の出し物として、二次会本番までの約2ヶ月でみんなで痩せよう!という謎の企画です。

30歳を前に、飲んでばかりのお腹ぽっこりな我々が、式当日にスマートになってカッコよく登場するという緩い企画です。

それでも、誰かのために、みんなでやるという謎の結束力で、10人中7人がダイエットを成功させました。成功率7割りです。もちろん、素人の思い付きで、会を盛り上げるためだけに痩せているので、やってることは大したことはしていません。ダイエット道具を買うでもなく、ジムなどにいく余裕もなく(金銭的にも時間的にも)、やったことは2つだけです。ひとつは定番の食事制限です。お昼を喫茶店やチェーン店で食べていたところを、コンビニやスーパーのサラダだけにしたり、ライスをいつもの半分にしたり。

慣れてくるとこっちの方が午後の仕事が楽だったような気がします。そして2つめは、仕事後から寝るまでのちょっとした運動です。当時は新婚だったのですが奥様も私が痩せることには応援してくれてましたので、一緒に散歩したり、1人の時は長距離は気が乗らなかったので、夜な夜な公園でダッシュを数本走っておりました。

あとは気分によって懸垂したり、腕立てしたり。と言いたいところですが、やりはじめた頃は、学生の頃あれだけ余裕だった懸垂が、ぶら下がるのも大変で、持ち上がりもしませんでした。それでも、ちょっとずつ成果が出るのは嬉しいものですし、2ヶ月後には懸垂もできました。

新婚とはいえない今では、できるんだったら自分の結婚式の時に痩せろよと言われますが、どんな人でもキッカケと目標、やる気を出せるモチベーションがあればできるのではないでしょうか?私は65キロから58キロまで落として、10年前の学生時代の体型に戻れたので大変満足しております。

楽しくダイエットをする方法

基本的に我慢をするということは辛いことであるわけですが運動をしたりとか食事制限をしたりすることによってできるダイエットというのは辛いことであるという前提を理解しておきましょう。ダイエットであろうとも少しでも楽しく行うことです。

楽しくダイエットできるというのであれば、それに越したことはないということを考えて色々と試してみるというのはお勧めできます。やはり楽しみながら運動をするということになりますとスポーツとして行うということがお勧めできることになります。おすすめ着圧レギンス10選を徹底比較!脚やせ効果&人気ランキング!

楽しくできるダイエットとしていろいろなスポーツを選ぶということになりますがまず様々なサークルに参加しているということができます。運動系サークルで、そうしたところでは運動をしっかりとする事ができるようになるでしょう。

楽しみだから運動するということができるのであれば自動的といってもいいくらい簡単にカロリーが消費されていくということになりますので、これはとても良いことになるでしょう。そこがまずは有難いことになります。意識していないのにも関わらず勝手に痩せていくというのがスポーツの良いところです。それができれば大体はダイエットを成功させることができるでしょう。

ダイエットをする時の食事とは

痩せる最大の方法は食べない事です。まったく食べないことにはデメリットもありますが少しでも食事量を減らすということができるのであればそれにこしたことはないでしょう。十分に痩せることができるのが食事制限です。ですが、実際に空腹感は如何ともしがたいことがあります。http://www.westhillcab.org/

そこでお勧めできるのがおからクッキーです。名前の通り、おからで出来ているクッキーですから、まずそんなに美味しくないです。レビューを見ていると美味しいなんて言葉が並んでいることはありますが、基本的にはそんなに美味しくないものであると理解しておきましょう。

ですが、とにかく腹が膨れることになります。おからが中で膨れることになりますから、これで満腹感を手に入れることができるようになりますから、これは実に良いことになります。そして、そんなに高いものではないので毎食、或は一回の食事をそれに置き換える事もそんなに費用負担がかかることではないのでダイエットの食事としてお勧めできるわけです。

但し、本当にそんなに美味しくないので注意が必要です。それなりにおいしくないものを食べることの覚悟というのが必要になってくるわけですが、ダイエットなのですからそれは覚悟しておきましょう。

運動と食事のバランスを考えることで最適な体を作っていく

自分の好きな体型を維持するには普段から自分にとって最適な運動やまた最適な食事を楽しんでいくことを考えていかなければなりません。好きな体を自分で作っていくことで充実した体を自分で作っていくことを考えていかなければなりません。http://www.menorcaalavista.com/

ダイエットを普段から意識して自分で楽しんでいくにはやはりきちんとした運動習慣を楽しんでいきながら、同時にバランスの取れた食事をきちんと摂取することで自分の好きな体を楽しんで作っていきながら作っていくことができます。

運動と食事のバランスをきちんと考えることで高いダイエット効果を得ることができます。運動をきちんとしながら同時に素敵な体を自分で楽しんでいくことができます。運動を自分で楽しんでいくことで素敵な時間を楽しんでいくことができます。

食事にも普段から気をつけることで素敵な体を自分で美しい体を作っていくことができます。食事を楽しんでいくことで自分の好きな体型を維持することが可能となるのです。素晴らしい体を作っていくためにアスリート型の食生活を自分で楽しんでいくことを考えることで自分の好きな体型を維持することができます。

運動をしながら健康的な体を作っていくことを考えるようであれば自分らしい体を自分で楽しんで作っていくことを考えてみてはいかがでしょうか。自分の体を自分で楽しんでいくにはこの点からしても自分で好きな食事ばかりを楽しんでいくことを考えてみてはいかがでしょうか。

ダイエットは実は簡単なんです 

ダイエットにお困りの方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。http://www.museecox.com/
しかし、ボクシングを経験し、58kgから47.4kgまで体重を落として、体脂肪率も4.9%にした経験がある自分から言わせれば、

体重を落とす事なんて実は大したことはないんです。

ポイントは単純に1つだけです。『食べたカロリーより1キロカロリーでもいいから体を動かす』事です。

最初はウォーキングからで結構です。但し、ある程度の早歩きでないとカロリーは消費していかないのでそこはキーポイントです。

目安としては、『上を向いて歩こう』の曲のテンポで歩くと良いです。それと、20分以上は歩きましょう。

慣れてきたら、縄跳びも取り入れましょう。自分は1000回飛んで、2重飛びを50回飛んでから、また1000回飛んで、を繰り返してましたが、

ダイエット目的だとそこまでは過酷にしなくてもよいと思います。普通に3分間×3セットくらいで最初はよいかと思います。

縄跳びは全身運動で科学的にもよ良い運動であると言われています。初めはつらいかもしれませんが、頑張りましょう。

最後に、無酸素運動も取り入れましょう。言わゆる筋トレです。出来ることからでよいです。腕立て10回、スクワット30回、腹筋30回でも構いません。

慣れてくれば回数やセット数を増やしていきましょう。

これを3か月もすれば変化が見えてくるかと思います。毎日でなくても構いません、今日はやる気がないなと思う時も人間あります。

ただ、その時は食事を少し減らすなどの工夫は必要だと思います。それ以外なら何を食べても基本良いと思います。

よく食べずに運動してダイエットをされている方を見ますが、それは痩せるのではなくてやつれていくので注意が必要です。

好きな物をたくさん食べて、そのカロリーよりもほんの少しでもいいので消費が上回るように運動すれば大丈夫です。

1日1日楽しくダイエットをしてほしいなと思います。少しでも参考になり多くの方がダイエットに成功する事を願っております。

食事制限だけではリバウンドします。

私は、10代のころ食事制限による急激なダイエットをしていました。1か月で2キロくらい減らしていましたが、学校のストレスから物凄く食べたいって思うことがあり、つい食べてしまいました。そこからおやつが止まらなくなってしまい気づいたら、翌月には体重が3キロ太っていました。

ゼロキャロを飲んだ効果と私の口コミ!市販の販売店では購入可能?

現在は産後のダイエット中ですが、食事制限はしないようにして、できる時間に運動をしています。食事に関しては、おやつをあまり食べないようにするといった約束はありますが、主食を食べないといった偏った食事制限はしていません。

少しずつですが緩やかに体重は減っています。10代のころのダイエットでは、急激に体重を減らしたためリバウンドをして、精神的にも少しおかしくなってしまい情緒不安定になりました。人間の体は、食べ物からできているので厳しい食事制限、偏った食事は、リバウンドもするし、精神面でも悪影響になります。

やはりメリハリのある体作りにも運動を行うことはとてもいいことです。以前、ダイエットにジョギングをしていましたが、運動をsすることでストレス発散にもなります。すぐに効果は出ませんが、厳しい食事制限よりリバウンドはしないし、きれいな体のラインをつくることが出来ます。そのため運動によるダイエットをお勧めします。

出産後のダイエットは小豆で成功した

出産後は母乳育児をすれば痩せる!そう信じていました。

お腹はすくのでドンドン食べていいよ!食べても太らないから大丈夫とう言葉は私の期待を裏切りました。

母乳育児をしているけど、別にお腹はすかないけど、食べなくてはと思い食べてしまう、そして痩せるどころかドンドン太ってしまう、しかし、子育てが大変でダイエットどころではないという状況でした。

そして私が恐れていたのは母乳育児が終わると痩せるのが止まって今度は太ってしまうと聞いた事があったので、全く痩せてないのに太るの?って思いました。こうなったら好きなのだけ食べようと思い、小豆が好きな私は小豆をそのまま食べてました。回転饅頭を食べていて周りの皮は好きではない、余計なカロリーをとりたくない、それなら小豆だけ買って食べればよいという発想だったのです。

小腹がすいたら小豆、食事前に小豆と一日のうちに定期的に食べるようになったのです。すると体重が少しずつ減り始めたのです。これが小豆のおかげとは分からなかったのですが、以前と変わったことと言えば小豆を食べ始めた事だったのです。

そこで調べると小豆には食物繊維が沢山含まれており、便秘に効果ありとの事でした。そして実際に小豆ダイエットというのが存在したのです。この小豆のおかげでダイエットは成功したのです。

無理なく続けられるダイエット方法

ダイエットというと運動、食事制限をセットが基本と言われています。

しかし、実際は、摂取したカロリーと消費されるカロリーの引き算なので、

当然摂取したカロリーが多いほど太ってしまいます。

なので、摂取するカロリーを抑える事によって、体重が落ちていくのです。

基礎代謝は人それぞれ違うので、一概には何カロリーと言えませんが、

この計算式があっていれば痩せていくでしょう。

6.25×身長+10×体重-5×年齢+5=基礎代謝と言われていますが、

あくまでも基準値なので、個人の体温や筋肉量などでも変わってきます。

基礎代謝は固定ではないので、体重が変れば日々変わってくるので、

実際のところは、基礎代謝はわかりません。

では、どうしたら摂取カロリーより消費されるカロリーの引き算が出来るのでしょう。

そこで注目したのは、毎日の食事の量です。

ただ食事を一気に減らすのではなく、毎日の食事の1品を低カロリーに

変えてみる。

たとえば、味噌田楽、野菜の煮物、わかめなどの海藻類などに置き換える事で

無理なく続けられ、苦にならず通常の食事からカロリーを少なくする事ができます。

気づいたら体重が減っているという効果が期待できるでしょう。

まずは、いつもの込んだ立てを見直してみて、プランを立ててやってみる事をお勧めします。

しなければ良かったダイエット

色々ダイエットを試したけど、しなければ良かったダイエット法の一つに食事2回をドリンク、一食を好きに食べて良いというダイエット法です。このダイエット法は元々量が少ない人や朝食べたい人には合ってるかもしれないけど、元々良く食べる私にとったら辛いダイエットでした。

私の場合は朝と昼をドリンクにして夜は好きに食べて良いという方法をとりました。それは夜に会社で飲みに行ったりする事が多いので、ダイエットの為にそれを断るのも難しいので夜は好きに食べて良いという事にしたのです。

すると夜食べると次の日の夜まで何も食べれないと思うとそこで一気に食べておこうとするので、どうしても食べる量が増えてしまうし、夜だからいいやっと夜食まで食べてしまうという悪循環になってしまったのです。そして、朝になると今度は食べれないと思うとストレスで仕事中も食べ物の事ばかり考えるようになりました。

このダイエット法は間違えると過食症になってしまう恐れがあるので、する時は気をつけてしなくてはいけません。私も過食症になってしまった一人なのです。別に隠れて食べなくてもいいのに、いけない事をしてる錯覚に陥ってしまいます。

無理をしていきなり食事2回をしてしまったのもいけなかったのかもしれません。

リバウンドしないダイエット

いきなり10キロ体重が増えてしまい、ダイエットに挑戦しました。一番効果があったのがウォーキングだったのです。公園をアミノ酸を飲んでから歩いたり、歩くのに飽きたら縄跳びを使って走ったりとやり方を変えて一週間に2回だけですが継続して行いました。

最初は体が重たくてなかなか挑戦できなかったのですが、続けていくうちにダンダンと体重が減ってきて楽しくなってきたのです。初めはアミノ酸は飲まずに行っていたのですが、飲む事によって汗を沢山かくようになったのです。

それから終わってからお風呂に水分をとりながらゆっくりと一時間ほど入りますが、さすがにずっと入っておくのは辛いので出たり入ったりを繰り返します。するとまたゆっくりと減り始めたのです。普通だったら停滞期などがはずなんですが、一ヶ月に2,3キロずつだったので停滞期という停滞期もなく、半年後には体重が戻りました。

そして、週末に時間がなくなった為、今度は平日の通勤時間を利用して歩く事にしました。片道30分ほど毎日朝歩いていくのです。そんなに早いペースではないのですが、散歩のようにゆっくりとです。するとリバウンドしないで体重を保つことができました。

ダイエットもいきなりやめるとリバウンドがくるので様子を見ながらペースダウンしたのが良かったようです。