年の差カップルの日常

私の彼氏は15歳年上だ。

大人ぽくて、独特の雰囲気のある彼に惹かれ、私の猛アタックの末、お付き合いがはじまった。
初めの頃は、こんなおっさんで本当にいいの?もっといいやついっぱいいるよ。と言われ続け、私の気持ちが伝わっていないんじゃないかと不安になった。

バツイチ婚活相手が見つかる出会いの場

それでも全力で好きな気持ちを伝え続けた。
次第に一緒に住むようになり、二人で過ごす時間も長くなった。

家事の分担をしたり、ごはんを一緒に食べたり、カップルの些細な日常がそこにはあった。
年齢の事などみじんも感じられないくらいに幸せな時間。

しかし、夜寝るとき
「一緒に寝ようよ」「明日起こして」「手つないで寝よう」

あれ?どっちが年上だ?(笑)

自分が手の届かないかもしれないくらいに憧れた年上の素敵な男性はそこにはいなかった。
子供の用に甘えてくる彼が愛おしくて仕方ない。

たとえ年が離れていようがいい意味で対等で、こんな一面もあるんだなと思い知らせてくれた。
私の当時憧れていた、大人のダンディーな男性はもうそこにはい居ないけれど、
知らない一面、私だけに見せてくれる一面がひとつひとつ増えていく。

幸せな日常。

一般的な方よりは長く一緒にいれる時間は短いかもしれないけれど、この一瞬を大切にしていきたい