バスとケアは永遠の悩み!

私はコンプレックスから改良されました。きれいなバスとは女子の永遠の憧れ。それに合ったものが今はいろんなブラジャーが開発され、自分の希望の形のバストが作れるとてもいい時代だと思います。私は、20代前半まではバスとが小さくコンプレックスも在りました。

ルーナブラ

寄せてあげるなどその当時のブラジャーはいろんな種類はあったものの、今ほど多くありませんでした。それにバストUPやオトナの女性のブラなどがなく高価なものは買えずそれが悩みでした。結婚後、子供を出産しバストは大きくなりコンプレックスからは解消されましたが、カタチよくバストを保つということはとても大変でした。

当時の手ごろなブラジャーでは満足の行くものが購入できず、基本、高価な補正下着や矯正下着などが主流でとても高く手が出ませんでした。なので自己流でマッサージをしたり、自分なりの範囲でケアを行いブラジャーを購入したりでカタチよく保つように努力していました。

ただ、40代に入りバストケアをしてないと垂れる、流れるという状況は免れません。体に楽なブラジャーでは体型が崩れてしまう、こんな状況はよくないですよね。なので夜はナイトブラを付け、昼間はブラジャーなどを付けることで1日中心地よい状況をつくり出す努力は悩みを解消するには必要です。そんな努力が将来、50代でもキレイナボデイが保てると思いますよ。